→サービスページはこちら googletag.defineSlot('/21812778492/blog_728x90_common_overlay', [728, 90], 'div-gpt-ad-1584694002281-0').addService(googletag.pubads()); visibility: hidden;を使った対応の方がよい場合もありますが、基本的にはこちらの方法の方がスマートな気がします。, visibility: hidden;とposition: absolute;を使った場合のデモページ. このように、「余白(margin / padding)」「枠線(border)」が存在しており、これらを差し引いた「高さ」を考慮する必要があります。, また、高さの取得だけでなく「設定」をすることも可能なので、意図的にHTML要素のサイズを制御できるメリットもあります。, 本記事では、「height()」の基本から応用技まで学習できるように解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください!, この章では、「height()」を使った基本的な要素の高さを取得する方法について見ていきましょう!, 「height()」は、対象となるHTML要素にチェーンで繋いで実行するのが一般的です。, このように、対象となるHTML要素に対して「height()」を実行するだけで高さを取得することが可能です。, 複数の要素に対して高さを取得するには、本記事後半で解説するコールバック関数を引数に指定する必要があります。, それでは、実際に「height()」を使ってHTML要素の高さを取得してみましょう!, 対象となるHTML要素を「$('p')」と記述することでp要素を指定してheight()を実行していますね。, ちなみに、HTML要素の高さはCSSの「height」プロパティに設定した高さと同じになります。, 上記サンプルではjQueryオブジェクトとして $('#product_img') つまり、画像が”要素”にあたり、その要素の高さを400pxに設定する処理を行なっています。, そして、今回は横幅の設定ができるwidthメソッドと併せてメソッドチェーンで実装したサンプルコードをご紹介します。, 上記のサンプルの通り、高さ、そして、横幅をそれぞれheightとwidthメソッドで指定することができます。, この章では、複数のHTML要素を対象にして高さを取得する方法について見ていきます。, 関数の引数には、対象となるHTML要素の「index(インデックス番号)」「h(高さ)」が取得できる点も覚えておきましょう。, ちなみに、対象のHTML要素が複数ある場合はそれぞれの要素に対して「index / h」が取得できます。, つまり、2つのp要素はデフォルトの高さで、id属性が付与された要素はCSSで高さが決められているわけです。, そこで、これらのp要素の高さをまとめて取得するには「height()」を使って次のように記述します。, height()の引数に関数を設定し、その中で取得した「h(高さ)」を順番に出力しています。, 実行結果を見ると、CSSで設定された高さについてもしっかりと取得できているのが分かりますね。, このように関数を活用すれば、より複雑な処理を効率よく行えるので慣れておくようにしましょう!, jQueryにはウェブサイト上のアニメーションを表現するためのメソッドとしてanimateメソッドがあります。, そのanimateメソッドのプロパティとしてheightが存在し、アニメーションの際に高さに関する動きを設定することができます。, 上記サンプルで使用されているheightはanimateメソッドと一緒に使用するプロパティと呼ばれるものであり、高さを変えるアニメーションを実現するためのものです。, heightメソッドでは画像やテキストエリアなどの要素の高さを設定したり、既に存在する要素の高さを取得することができました。, また、animateメソッドと共に使われる場合は、高さを変化させるアニメーションを実現するためのプロパティとして活用できることを学びました。, もし今後、heightに関して迷うことがあれば、ぜひこの記事を思い出して下さいね。, 当プログラミングスクール「侍エンジニア塾」では、これまで6000人以上のエンジニアを輩出してきました。 $(document).height() デバイスの画面サイズと向きを出力する アプリ画面で立て向き専用に設定したい場合もありますが、スマホのwebブラウザ上でアプリを動作させている限り、画面の向きを固定することはできないので、 こんにちは!フリーランスの桃太郎です。 jQueryにて要素の数を取得したり、要素そのものが存在するか確認する際によく使われるlengthプロパティがあります。 この記事では ・lengthとは? ・lengthの基本的な使い方 という基礎的な内容から、 ・lengthで要素が存在するか判定する方法 コンソールについては下記ページでご紹介しています。 参考:jQueryでコンソールログを使ったデバッグ方法 innerHeight() でborderの内側を取得 googletag.defineSlot('/21812778492/blog_300x600_common_sidemiddle01_adsense', [300, 600], 'div-gpt-ad-1571293897778-0').addService(googletag.pubads()); 上記のようにpaddingの内側の高さが取得できました。. pbjs.setConfig({bidderTimeout:2000}); 結果(コンソール) 480. googletag.defineSlot('/21812778492/blog_468x60_common_eyecatch02_adsence', [728, 90], 'div-gpt-ad-1567575393317-0').addService(googletag.pubads()); var pbjs=pbjs||{}; visibility: hidden;とposition: absolute;を使った場合のデモページ, 取得する直前にdisplay: block;で表示して、サイズの取得が完了したら再度display: none;を指定して非表示にします。, こちらの方法でも一通り値が取得できました。 対応しない場合のデモページ, display: none;の代わりにvisibility: hidden;で非表示にして、他要素の配置に影響が出ないようにposition: absolute;を指定してみます。, 一通り値が取得できました。 セレクタにwindowを利用することでウインドウ高さ、documentを利用することでドキュメント高さも取得できます(設定はできません)。 サンプル( height/03.html )を開いてbody内に大きなdiv要素があることを確認してください。 →フェイスブックはこちら. display: none;で要素を非表示にした状態のとき、その要素のサイズが取得できない場合があります。 →ツイッターはこちら jQueryを使って、各コンテンツのmarginやpaddingを含めり はぶいたりした縦幅の値を取得する事ができる googletag.defineSlot('/21812778492/blog_300x250_common_sidemiddle02_adsense', [[300, 250], [336, 280]], 'div-gpt-ad-1565198822157-0').addService(googletag.pubads()); ¦ã‹ã‚‰50px,100px,150px,200px,250pxとなります。, 本家サイトには記載されていなかったのですが、cssメソッドで算術複合代入子を利用して相対的に値を変化させることができていたので、heightメソッドでも試したところ、きちんと機能しました。, サンプル(height/06.html)を開いてbody内の構成がheight/04.htmlと同じ事を確認してください。jQueryもほとんど同じで、異なるのは以下の様に引数に算術複合代入子を利用している点だけです。このときクォートが必要なので忘れないようにして下さい。, 結果として、buttonをクリックするたびに高さが10px増えていきます。, borderの内側(paddingを含んだ)高さを取得したい場合はinnerHeightメソッドを利用します。 しかし、私は価値があまりにも低いです。 ビューポートの高さが約850pxの場合、height()から350または400pxの値が得られます。 どうしたの?, 例: http://jsfiddle.net/forgetcolor/SVqx9/ : http://jsfiddle.net/forgetcolor/SVqx9/, 1つの理由は、あなたが火かぶ/他のものでコンソールをチェックしている可能性があります。 あなたは火の高さのために窓の高さが正しくならないように。, または、Firebugコンソールにputをチェックアウトしたい場合は、ブラウザからデタッチして、結果を確認してください。, JSFiddleは、コードをレンダリングした後に動的にロードされる