「多くの顧客が、ここ最近の米OracleのDBに関する施策を怒ったり、困ったりしているのは間違いない」とOracle DBの大手パートナーでOracleDB事業を担当するITエンジニアは話す。保守料金が右肩上がりになったり、ライセンス体系の変更などが相次いでいるからだ。 Processor、Named User Plusの定義については契約書のライセンス定義をご参照下さい。 Oracle Database Standard Edition 2を、仮想化環境で使用することは可能ですか? はい、可能です。 ただし、Oracle Database Standard Edition 2がインストールされる(又は稼働する)物理サーバーについて、Oracle Database Standard Edition 2の制限を満たす必要があります。 さて、第2回はパブリッククラウドからプライベートクラウドやホステッドプライベートクラウド環境において、調達(VMO)、プロジェクト、Oracle担当やインフラチームチーム、あるいは外部のクラウドサービスベンダーなど関係するすべてのステークホルダーの協力が求められるOracle システムを運用されている方からよく頂戴するのが、dbの導入や構成、保守にかかるコストについての質問です。そこで今回は、いくつかのdbを対象に、dbのライセンス費用と導入後の年間保守費用に関してお話ししたいと思います。(2020年7月現在のものです) 「多くの顧客が、ここ最近の米OracleのDBに関する施策を怒ったり、困ったりしているのは間違いない」とOracle DBの大手パートナーでOracleDB事業を担当するITエンジニアは話す。保守料金が右肩上がりになったり、ライセンス体系の変更などが相次いでいるからだ。 では、このOracleライセンス問題があるので、仮想ホスト5台ではなく2台と3台でクラスタ構成にし、仮想ホスト2台の方でOracle仮想マシンを稼働させた場合はどうでしょうか?この場合、2台 2プロセッサライセンスで良い気がしますよね? IT業界に浸透しているオラクル(Oracle Corporation)社のオラクルデータベース(Oracle Database)、そのライセンスの考え方は導入サーバ種別やエディション毎に異なります。ライセンス価格も高価ですが、購入数量を間違えるとライセンスポリシー違反など大きな問題に波及してしまうため、ライセンス数量の計算は非常に重要です。今回、正確なライセンス数量計算のための知恵をご紹介します。(2020年7月7日現在), オラクル(Oracle Corporation)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本拠を置く、民間法人や公的機関を対象とするビジネス用途に特化したソフトウェア会社である。主要製品は、データベース管理製品であるが、近年の本社による買収戦略もあり、データベース管理ソフトの企業から、サーバーやストレージ等のハードウェア、OS、ミドルウェア、アプリケーション等、ラインナップを拡充している。2007年には世界で第3位のソフトウェア会社となり、2019年現在はマイクロソフトに次ぐ第2位の企業へと成長している。日本法人は日本オラクルで、北青山に所在している。, 一言で言うと、「データ管理ソフトウェア」のことで、二次元の表にデータを保存し、検索、更新、削除などができるというものです。Enterprise製品には、有償オプションがつけられ、クラスタ管理やパーティショニング、パフォーマンスチューニング等を強化することができます。代表的な製品は以下の通り。, ▶Oracle Database Enterprise Edition ⇒大規模なオンライン・トランザクション処理(OLTP)アプリケーション、問合せ集中処理型データ・ウェアハウスおよび要求の厳しいインターネット・アプリケーションなどのミッションクリティカルなアプリケーションに必要な、パフォーマンス、可用性、スケーラビリティおよびセキュリティを提供。 ⇒Oracle Database Enterprise EditionにはOracle Databaseのすべてのコンポーネントが含まれており、有償オプション製品を購入することでさらに拡張可能。, ▶Oracle Database Standard Edition 2 ⇒ワークグループ、部門レベルおよびWebアプリケーションに対して、比類なき操作性、能力およびパフォーマンスを提供します。 ⇒上記Enterpriseおよび下記有償オプションの機能が必要な場合は、不採用。, ▶Oracle Real Application Clusters【Enterprise Edition 対応オプション】 ⇒データベースのクラスタ管理用オプション。, ▶Oracle Partitioning【Enterprise Edition 対応オプション】 ⇒表、索引、および索引構成表の細分化を可能にするパーティショニング用オプション。, ▶Oracle Diagnostics Pack【Enterprise Edition 対応オプション】 ⇒Oracle環境の監視・診断に必要なツール・セット提供オプション。, ▶Oracle Tuning Pack【Enterprise Edition 対応オプション】 ⇒管理者および開発者がデータベース、SQL文、表領域および索引のチューニングを行ない、高いパフォーマンスを実現するための一連のツール提供オプション。, ▶Oracle Advanced Security【Enterprise Edition 対応オプション】 ⇒暗号化と改訂という2つの重要な予防制御機能を提供することで、機密データを保管元で保護するオプション。, ▶Oracle Advanced Compression【Enterprise Edition 対応オプション】 ⇒総合的な圧縮機能を提供オプション。, 詳細は、「Oracle® Databaseライセンス情報ユーザー・マニュアル」ご参照。, 日本の場合、インターネット上に、「Oracle日本国内価格表」があります。グローバルの変更に伴い、事前アナウンスもなく金額が変わるので、必要なタイミングで都度確認が必要です(要注意①)。「オラクルデータベース(Oracle Database)とは?」で挙げた代表的な製品の1ライセンスあたりに加え、オラクル製品はサポートも同時に必要となります(要注意②)。左記サポートはオラクル製品が稼働する限り毎年金額が発生するとともに、更新時調整料率(PA)も必要となります。(要注意③)。, 物理サーバと仮想サーバで考え方が異なります。物理サーバとは、1台の物理的なH/W上にサーバOSやソフトウェアを導入したサーバを指します。基本的にH/Wとサーバは「1:1」の関係です。一方、仮想サーバとは、1台の物理的なH/W上にVMware等の仮想化ソフトウェアを導入することで、「1:他」のサーバ環境を指します。, <①Standard Edition/Processorの場合> ・Processorライセンスは、名の通りCPU課金を指します。 ・物理H/WのCPU数(=ソケット数)分の購入が必要です。Core数は関係ありません。 ・例えば、見積対象のCPUスペックが2CPU/8Coreであれば、ライセンス数は「2つ」となります。, <②Standard Edition/Named User Plusの場合> ・Named User Plusライセンスは、利用者数課金を指します。 ・最少10ライセンスが必要です。, <③Enterprise Edition/Processorの場合> ・Standard Editionと同様のスペックで2CPU/8Coreのサーバがあったとします。 ・Enterprise Editionの場合は計算方法が異なり、総Core数とマルチコア適用係数というものを使用します。 ・マルチコア適用計数は、CPU型式によって定義されており、例えばIntel Xeonであれば、0.5です。(資料:Core Factor Table) ・よって、ライセンス数=総コア数×マルチコア適用計数=8×0.5=「4つ」となります。, <④Enterprise Edition/Named User Plusの場合> ・③に対し、利用者数(最少25)を乗算します。  最少ユーザ数と仮定すると、ライセンス数=総コア数×マルチコア適用計数×ユーザ数=8×0.5×25=「100個」となります。, 上記で算出された数量に国内価格表のライセンスおよびサポートの価格を乗算することで、必要価格が算出されます。, 仮想サーバにオラクルデータベース(Oracle Database)を導入する場合、物理筐体のCPU課金となります。物理サーバが8CPU/96Core、オラクルデータベースが稼働する仮想サーバCore数が32Coreだとしても、8CPU/96Coreをベースとしたライセンス数量計算となります。, <①Standard Edition/Processorの場合> ・Processorライセンスは、名の通りCPU課金を指します。 ・物理H/WのCPU数(=ソケット数)分の購入が必要です。Core数は関係ありません。 ・上記で言えば、8CPUなので、ライセンス数は「8つ」となります。, <②Standard Edition/Named User Plusの場合> ・Named User Plusライセンスは、利用者数課金を指します。 ・最少10ライセンスが必要です。(物理サーバと同様), <③Enterprise Edition/Processorの場合> ・Enterprise Editionの場合は計算方法が異なり、総Core数とマルチコア適用係数というものを使用します。 ・マルチコア適用計数は、CPU型式によって定義されており、例えばIntel Xeonであれば、0.5です。(資料:Core Factor Table) ・よって、ライセンス数=総コア数×マルチコア適用計数=96×0.5=「48個」となります。, <④Enterprise Edition/Named User Plusの場合> ・③に対し、利用者数(最少25)を乗算します。 ・48×25=「1,200個」となります。, 仮想サーバ分だけと思いこんで計算してしまうと、大幅にライセンス数が不足し、結果、ライセンスポリシー違反となりますので、気を付けて算出しましょう。なお、データセンター上で、VMotion等で行き来する可能性があるものは、全て課金対象となるので、少しでも不安に思ったら、オラクル社の担当営業に必ず聞いてみましょう!, オラクル社製品のうち、データベースに関するライセンス数量の見積方法をご紹介しました。ぜひ、ご参考にして、間違えない様、留意して的確な見積を実践して下さると幸いです。, SIer営業で30代、子育てパパをやっております。 子育て、家づくり、仕事、日常のことについて、アウトプットしていきます。読んで頂いて、少しでも皆様の人生が豊かになりますと幸いです!, 2歳6ヶ月の息子の成長とおススメグッズをご紹介します〜知育絵本・おもちゃ・靴・リュックなど〜, 【テレワーク】在宅勤務で買ってよかったもの5選(2020.07)〜家具・電化製品〜, 【初心者向け】オラクルデータベース(Oracle Database)/ライセンス数量算出の仕方(見積). Oracle VM Server for x86を使用して、Oracle製品が稼働するコアを制限した場合のライセンスカウントはどのようになりますか? 複数の物理サーバーによるサーバー仮想化環境を構築した場合のライセンスカウントはどのようになりますか? IT業界に浸透しているオラクル(Oracle Corporation)社のオラクルデータベース(Oracle Database)、そのライセンスの考え方は導入サーバ種別やエディション毎に異なります。ライセンス価格も高価ですが、購入数量を間違 なお、Oracle VM Serverは、以下の文書で示す限りにおいて、Hard Partitioning テクノロジーとして使用することができます。 Oracle VirtualBox FAQより引用(2019.10.04時点) ザックリというと、「Oracle VirtualBoxはGPL v2というライセンスの元で使用できる」と書いてあります。 GPL v2とはフリーソフトウェアのライセンスです。 よって、Oracle VirtualBox自体は無料で商用利用可能となります。 ※Oracle製品がインストールされる(又は稼働する)仮想マシン(VM)の数は、必要ライセンス数には関係ありません。 契約書のサンプルは次のURLにございます。 ブラウザのJavaScriptが有効になっていないか、ブラウザがこのサイトで使用されるJavaScriptの機能を十分にサポートしていない可能性があります。, はい、可能です。ただし、Oracle Database Standard Edition 2がインストールされる(又は稼働する)物理サーバーについて、Oracle Database Standard Edition 2の制限を満たす必要があります。Oracle Database Standard Edition 2のライセンス上の制限事項は次の通りです。, サーバー仮想化ソフトウェア( Oracle VM 、VMware、Hyper-Vなど)を使用した場合のライセンスカウントはどのようになりますか?, 複数の物理サーバーによるサーバー仮想化環境を構築した場合のライセンスカウントはどのようになりますか?, Oracle Database Standard Edition 2は、どのようなライセンスですか?, Oracle Database Standard Edition 2と、Oracle Database Standard Edition、Oracle Database Standard Edition Oneの違いを教えて下さい。. Oracle Database 製品をNamed User Plusライセンスで購入される場合は、Oracle製品がインストールされる(又は稼働する)物理サーバーそれぞれについて、Oracle製品を使用する権限を持つ特定個人の人数分(製品ごとに定められている最少ユーザー数を下回る場合は、最少ユーザー数分)のライセンスが必要です。 http://www.oracle.com/jp/corporate/ol-toma-v111412-jp20130107-sam-1888604-ja.pdf Soft Partitioning、Hard Partitioning については、Partitioningガイド をご参照下さい。, ブラウザのJavaScriptが有効になっていないか、ブラウザがこのサイトで使用されるJavaScriptの機能を十分にサポートしていない可能性があります。, http://www.oracle.com/jp/corporate/ol-toma-v111412-jp20130107-sam-1888604-ja.pdf, http://www.oracle.com/technetwork/server-storage/vm/ovm-hardpart-168217.pdf, Oracle VM Server for x86を使用して、Oracle製品が稼働するコアを制限した場合のライセンスカウントはどのようになりますか?, 複数の物理サーバーによるサーバー仮想化環境を構築した場合のライセンスカウントはどのようになりますか?, Oracle Database Standard Edition 2を、仮想化環境で使用することは可能ですか?. VMware、Hyper-VなどはSoft Partitioningの分類となり、Oracle製品がインストールされる(又は稼働する)物理サーバーに搭載されている全ての物理プロセッサがライセンスカウントの対象となります。 http://www.oracle.com/technetwork/server-storage/vm/ovm-hardpart-168217.pdf

X570 Steel Legend 組み立て 8, We Are Kat Tun 26, 離婚弁護士 最終回 動画 24, 本州 最高気温 今年 5, ライズ ディスプレイオーディオ Hdmi 4, Vista 英語 教科書 Lesson5 9, 両開き 戸 Cad 6, 赤ちゃん 腕 ポキッ 54, ママ友 嫉妬 年収 4, 苫小牧市 コロナ アンジェラ 5, 犬 食後 涙 10, Skyrim Legendary Edition Ps3 Iso 4, Very Presence 意味 4, Mg7530 プリンター カウント リセット 11, 報 連 相 研修医 4, 顔 エラ ぶつぶつ 9, 彼氏に 結婚 意識 4, うさぎ 季節の 変わり目 食欲 6, メタルギアソリッド5 サイドオプス 復活 10, Z会 Ipad 評判 9, Saf 少女 前線 7, Vb6 Windows10 移行 8, ヤフー ウォレット 複数 クレジットカード 8, M3 タップ 図面 5, Amd Chipset Driver Uninstall 4, ハーブリラックス 洗濯機 チャイルドロック解除 24, Gta5 Money Job 8, フォートナイト Ps4 Switch 連携 7, Hgvc キャンセル コロナ 5, Da63t デフ リコール 16, アルファード ツライチ 純正 7, 車 水垢 ガラス 4, 怪しいバイト 怖い話 解説 7, 標識 掲載料 勘定科目 17,